SEO対策
FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

堕no葉

気に入らない髪型に嫌気が指して土砂降りの雨に打たれた

噛み合わないセンス達に「似合ってるね」なんて言われちゃってさ

自分を隠す事無く生きていこうと思った「恐ろしい子だね」なんて笑っていわれた

世の中のくだらないルールに唾を吐きかけ、止まない雨に身を委ねる

正義が存在するのなら、この犠牲は?誰の責任?

理想の人物になんてなれっこないと空を仰いだ

偽善を尽くすことさえ、投げだして走りだす


『俺はここに生きている!自分自身の為になぁ!!!価値もないクズにだってプライドってもんが、あるんだよ!!?』

打ち付ける雨は一切を遮断する

頬をツタウ水滴は静かに流れ落ちて消えた
スポンサーサイト

何も信じられなくなって闇に落ちた

憂欝な雫が肢体を濡らした
こうなる前に気付いていれば…なんて

朦朧とした意識の中で微かに囁いた

愛を語れば嘘臭くて
指を動かし、ため息をつく
このまま眠れたら…

混濁した意識が体の自由を奪って跳ねる

微熱が生まれて
弾けて
冷める

壊れてしまえば楽になれるか?

壊してしまえば愛が生まれる?

刹那の幸福を
懐かしみながら

光のない瞳で見つめた

JUMP

偶然出会えた
それは奇跡?

運命にも似た物語

必然というものが、存在するなら

神様信じてみてもいいけど?

一瞬の人生の中で出会えた
彼らに

特別な感情を抱くのは
私だけかな?


自分自身を嘆いてた

変わるきっかけを
彼らは
くれた


動けないよと泣いていた

君ならできると
笑いながら
背中を押された


やれないんじゃなくて、
やらない自分

だいっ嫌いで、大ッ嫌いで
やれないんじゃなくて、やらない自分

だいっ嫌いで、大ッ嫌いで

できるだけ背伸びをして歩いた

いつもより空が近い気がした

できるだけ、がんばって歩いてみた

自分を少し好きになれた気がした


ねぇ?神様。

もしも、運命ってものがあるのなら


私も誰かを幸せにできるのかな?


ねぇ?神様。

もしも、運命ってものがあるのなら

明日も彼らに出会えるのかな?


限りある砂時計(とき)の中で
『一緒にいられることが幸せですと』素直にそう思えます

星の数ほどの人の中で出会えたのは

偶然ではなく必然だと自惚れてよいのでしょうか?

これからも素敵な出会いが待っていると

期待しててもよいのでしょうか?

前だけみて歩いて見ようと思います

ほんの少しだけ背伸びしながら

エゴイスト

手に入れたとたんに興味を失う。

例えどんなに焦がれていても・・・。

「ないものねだりがすぎる」くらいが、いつの俺にも丁度いいらしい


求めるものは遠く儚く

手中にはいれば脆く儚く


「それじゃあ、どんなにたっても幸せになんかなれないよ。」なんて

悲しい瞳で見るのはやめてよ。




「さあ、世界を手に入れようか?」


暗闇の薔薇と踊り続けよう。



もっと、もっと、もっと・・・ちょうだい??




渇望こそが生きる根源。
満たされる刹那の瞬間に絶望を感じとる

「なんて、つまらないんだろう」


どこまでもエゴイスト

叶わない夢をみて、今日もため息をつく

「なんて、つまらないんだろう」

手にした瞬間ゴミ箱に捨てる。



富も名誉も、金も才能も・・・。

欲しかったものは一体何だ


俺はこりずに求め続ける。


「さあ、世界をてにいれようか」

爽風日和

春の陽気に誘われて
ふらりと部屋を後にして

大きな空を見上げていたら
プカリと雲が浮かんでました

やわらかな日差しが、
僕を 私を
照らしていって

さわやかな風が
名も無き魂を連れてく

そんなある日の昼下がり
僕と 私は
夢を見る

綿毛がふわりと浮かんで消えた

「明日がこなければ幸せなのに」

ちぃさな声でつぶやいた

(私の存在に価値などあるのでしょうか?何の為に生まれてきたのでしょうか?)

流れゆく雲が形を変えていくのを眺めて

地球が廻っているのを感じる

(・・・・)

言葉にならない気持ちが空に吸い込まれていく。

不思議だね
僕の 私の
体は魔法のように軽くなってる

緑の木々がサワサワ揺れてた

〔明日も晴れたらいいな〕

そう、思えた。
プロフィール

ひよこ帝国

Author:ひよこ帝国
遊佐之保介
高峰遼

カテゴリ
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。